<< 魔法にかけられて | main | ロックマン9 >>
スポンサーサイト (2012.08.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ダークナイト (2008.09.22)

ダークナイト 

    ― THE DARK KNIGHT ―

 

クリストファー・ノーラン監督による『バットマンビギンズ』の続編!
ティム・バートンが監督した旧バットマンシリーズとはまた別のシリーズとして映画化されていて、今作は新シリーズの二作目。犯罪で溢れかえったゴッサムシティを舞台に、バットマンとジョーカーの戦いが描かれる!

ただのヒーロー映画程度にしか捉えてなかったんだけど、実際見てみたらとんでもない映画で驚きましたわ…!!(’∀’)ップハー
俳優の演技と、ピンと張った緊張感のある演出がとにかく凄い!


ヒース・ロジャー演じるジョーカーの、狂ったような凄まじい怪演には本当に引き込まれました!
彼は撮影後に急逝したようですが、本当に惜しい人を亡くしたと思います。


旧シリーズのジャック・ニコルソン演じるジョーカーは、当時僕も小さかったこともあって、不気味なピエロの化粧顔がけっこう怖かった覚えがある…(− −;)
今回のジョーカーも、かつてのそれを思い出させるような不気味さを感じたし、そのサイコさにはより恐ろしさが加わっていたと思う。



JOKER    BATMAN



金や復讐が目的でもなく、ただ狂ったように人間の良心と街を傷つけるジョーカーはまさにサイコだったし、まともな神経を持ち合わせていない悪人とバットマンの心理戦は悲痛でした。
ただ恵まれなかった環境がジョーカーの狂った人格を作ったとするなら、ジョーカーは世間に対して無差別にやり場のない感情を爆発させているようにも思う。

負の感情を誘発させようとするジョーカーや、人間の脆さ理不尽さは、デビッド・フィンチャーの『セブン』を見ているようだったな…。
勧善懲悪では語れない人間の心理が描かれている分、人が人を思いやるようなシーンでは胸にぐっとくるものもあった。



アクションシーンも見応えがあって、戦車を改造して作ったバットマンカーや、そこから分離するバイクとか、めっちゃカッコいいマシンも出てきますわ!!(’∀’)
前作以上にカーチェイスシーンは凄いし、建物の中を走るシーンなんて、シュワルツェネッガーの『トゥルー・ライズ』を思い出した!



BATMAN2



そういえば、かつてティム・バートンが描いたゴッサムシティは、それこそアニメのような派手な世界観だったけど、新シリーズになってそれがシリアスでリアルな世界観へ変わってますね。
ゴッサムシティを架空の町としてではなく、暗く犯罪の多い現実の世界として演出しているかのような印象を受ける。

もしかしたら、現実世界の中でジョーカーを描きたかったのかな?
不気味さとユーモアを感じさせた89年版のジョーカーがいる一方で、サイコで心無い08年版のジョーカーがいる。その違いは、奇をてらっているわけではなく、おそらく時代背景からくるものなのかも…。
ゴッサムシティは架空の町だけど、これは現実にも当てはまる物語で、ジョーカーの人間性も決してノンフィクションでは片付けられない気がする。
そういった意味では、不必要にゴッサムシティを別世界として装飾しなかったのかもしれない。



JOKER3



マトリックスとか、スパイダーマンとか、斬新な視覚効果が稀にある一方で、最近では余程のことがない限りCGシーンで驚くことはなくなったけど、結局のところ人を最後まで引き付けるのは、人の演技なんだなぁとこの映画を見て感じた。(’ ’)


ジャンルに囚われず、とにかく見たほうがいいですねコレ!(〇’∀’〇)
けど、明らかに普通のヒーロー映画とは違うし、小さい子供には見せない方がいいのかも。ジョーカーには本気で怖がると思うし、何が正しいかの判断が難しいとも思うから。





ダークナイト2







JUGEMテーマ:映画の感想


| 映画(海外) | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.08.11)
| - | 11:31 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック