<< ROCKMAN 後半(7〜R&F) | main | 虹の女神 >>
スポンサーサイト (2012.08.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ロックマン ダッシュ (2007.03.24)
ロックマンダッシュ


【 ROCKMAN DASH 】





ロックマンシリーズ初の3Dアクションゲーム!

ジャンルはフリーランニングRPGとされていて、町や遺跡などのフィールドを自由に行き来し、人と話したり様々な場所に行くことでイベントが起こる感じ(’∀’)

このゲームは攻略するというよりも、町を自由に歩いたり、買い物したり、遺跡にお宝を見つけに行ったり、島の中を自由に行動することが楽しいゲームであるように思いましたね。キャラクターがみんな独特だし、物語のテンションもユニークでコメディ調だったりするので面白い!



 ロックとロール   




主人公『ロック・ヴォルナット』は、女の子『ロール・キャストケット』とそのおじいちゃん『バレル・キャスケット』、そしてお猿さん型ロボット『データ』と共に、遺跡からお宝を探し出す“ディグアウター”として世界を飛び回っていたが、飛空艇フラッター号の故障により、『カトルオックス島』という孤島に不時着し、船を直すためにその原料である“ディフレクター”を探すことになる。


舞台となるカトルオックス島は、自然の豊かな島で、人も沢山住んでますね!
商店街には八百屋や電気屋や本屋など、中心街には市役所や図書館、テレビ局や警察署まであり、自由に出入りすることができるし、人々や車も自由に行き交っていて、誰とでも話すことができる!
基本的にアイテムはディクレクターと交換することで手に入るけど、自動販売機を蹴っ飛ばしてジュールをタダ飲みしたり、ゴミ箱をあさってアイテムを見つけたり、妙なところまで自由度がありますね。
(;’ー’)



  ボーン一家  



島には空賊『ボーン一家』もやってきていて、島を我が物にしようとする中で何度もロックと対立することに!!

遺跡には『リーバード』という様々な形態のロボットが徘徊していて、ディフレクターを守っている!
全てが3Dによる地形なので、地の利を利用すれば戦闘を優位に進められるし、あえて戦いを避けることもできる!
武器はロックバスターによるショット攻撃や、他にもマシンガンやビームサーベルなどいろんな武器があるのね!
ちなみにローラースケートを装備すると、車よりも早いスピードで移動することができる!!車を追い越したり、遺跡でリーバードの間をすり抜けていったり、疾走感があって気持ちいいわ〜!(’∀’)



 ダッシュ1−3



そこまで売れた作品ではなかったみたいだけど、ここまで自由度のある3Dゲームも貴重だと思う!
ボクの場合ロックマンとして遊べたことがすごく嬉しかったけど、完全新作だったらもっと幅広く注目されてたのかもな〜とは思う…。それでも続編が出てくれたことは嬉しいね!



続編である『ロックマンダッシュ2』は実は2つあります!
正編である『ダッシュ2』は一応“エピソード2”ということになっているんですね。
じゃあダッシュ2の“エピソード1”はどこあるかというと、『トロンにコブン』というダッシュシリーズの番外編に、オマケみたいな感じで付いてます;  (⇒





   
トロンにコブン1



ただ、“エピソード1”には3つくらいのイベントが用意されてるけど、やらなかったらといってストーリー的に困ることは全くないねw(’∀’;)
けどやってみると面白いのでやりたい人は是非!(どっちやねん)


ついでに言っておくと『トロンにコブン』は、ボーン一家である『トロン』と、お手伝いロボット『コブン』を主役に、ミニゲームを沢山遊べるようなゲームになってます!(’∀’)





ダッシュ2 メイン

PS版⇒


んで正編の『ダッシュ2』では、前作で軽くしか触れられなかったロックの過去や世界の歴史が関係していくことに!
しかも今回は一つの島が舞台ではなく、数々の島や大陸を飛び渡って冒険するので、土地ごとの雰囲気がけっこう違ってますね。



割と複雑な人物関係もあり、ダッシュ1から順を追って内容を理解していないとこんがらがる可能性もあるかも(’ー’;)


ロックマンやロックマンエックスとは、シリーズが違うことで、時代の軸も全く異なる作品だと思っていたけど、ダッシュの時代はどうやらエックスの時代より遥か未来の話だという可能性もありますね。升気如悒悒屮鵝戮量樵阿でてきたし。
ただ時間軸のつながりに意味はなく、ダッシュシリーズはそれのみで完全に独立しているようなものです。




今回で一応物語も完結!
でも世界観といい個性的すぎるキャラクター達といい、これで終わってしまうのはホント勿体ない!
古代の神々が復活したとかなんとかで続編のネタはあるし。まぁ、あのキャラクターと世界観ならいくらでも続編に繋げられる作品だと思うし(笑)

ダッシュ1、ダッシュ2はPSPで移植もされてますね〜。
画面比率が16:9のワイド版になっております! (ダッシュ1⇒  ダッシュ2⇒

ダッシュシリーズは売り上げがネックで続編が作りたくても作れない状態のようでして、続編の可能性が全くないわけではないようです。
もっと沢山の人に遊んでもらって、次世代機のクオリティーで続編が出てくれることを願ってます!!





☆ロックマンDASHまわり









JUGEMテーマ:ゲーム










| ゲーム | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.08.11)
| - | 10:33 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogstyle.jugem.jp/trackback/196
トラックバック