<< ダークナイト | main | サーフズ・アップ >>
スポンサーサイト (2012.08.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ロックマン9 (2008.09.24)


ロックマン9

               ロックマン9
  



ロックマンシリーズの最新作!

2Dアクションゲームとして誕生したロックマンも、いろんなジャンルやシリーズに展開されているけど、元祖ロックマンの新作は、前作から数えると約10年ぶり!
待ったよこれー!! 。・゚・(ノД`)・゚・。ついに出てくれたぁ〜!



もう元祖の続編は出ないんじゃないかと半分諦めてもいたけど、昔ながらのファミコン画質&音質での復活なんて、めっちゃ嬉しいわ〜!
パッケージ商品ではない分コストを抑えることができたのか、1000円という良心的な値段は嬉しいところ(’∀’)




ファミコン当時のロックマンサウンドも健在やね。新曲なのにどこか懐かしさえ感じます。
スーパーファミコンになってからの新キャラが、ファミコン画質で見ることが出来るのも興味深い!
懐かしいのは画質だけじゃなく、ボスキャラのイラストとか特殊武器のイラストも、なんだか初期のシリーズを思わせるデザインになってます。
今回はボスキャラの一般募集はなく、全て社内で生まれたそう。8大ボスの中に、シリーズ初の女性型ロボットがいますね。どれも個性的なキャラばっかりだけど、欲を言えば、一部のボスキャラにはもっとキャラの個性をデザインに出してもいいと思ったな〜。






今回のストーリーは、Dr.ワイリーが作ったロボットが暴れるのではなく、ロックマンの生みの親であるライト博士の作ったロボット達が突然暴れだし、ロックマンがそれを止めるというもの。
従来どおり8つのステージを自由に選択でき、最奥にいるボスを倒すとその武器が手に入り、他のボスに弱点として使ったり、ステージ攻略に使ったりできるシステムなのね。


ロックマンをやったことのある人であれば、本当の黒幕が誰なのかはバレバレではあるけど、まぁ今までとは一応違った展開ということで(’∀’;)
初代ロックマンと多少ストーリーが似てるといえば似てますね。
サブタイトルは、「野望の復活!」乃至「土下座の復活!」ということで(’∀’)
エンディングの土下座ラッシュは爆笑間違いなしw



ロックマンファミリー



ステージ選択時に、自由にライト博士の研究室に戻ることができ、そこではロックマンの妹であるロールちゃんが、ステージで手に入れたネジと交換に、アイテムをくれる!

ダメージ半減するものから、体力を回復するE缶、1UPアイテムなど様々。
ロールのコスチュームや、ロックのヘアスタイルを変えるアイテムまである!
ロールのコスチュームがケタ違いに高いのはなんでだろうな〜(’ー’;)




ちなみにゲーム中、体力回復用として出てくる『E缶』が、実際に売られることになったみたいです!(’∀’)
FFのポーションも売られたことだし、こーゆーの流行ってきてるのかな? 味は、ポカリスエットとレモンウォーターを合わせたような感じ。初めて飲んだ時はそれほど美味しく感じなかったけど、段々美味しく感じてくるから不思議w



       E缶



ロックマンシリーズの生みの親であり、今作のプロデューサーである稲船氏によると、今回はロックマン2の続編というコンセプトがあったらしい。
話の繋がり的にはもちろん前作8の続きだけど、アクションゲームとしてのシンプルな面白さを、2の頃のような感じで開発したんだと。
なのでチャージショットやスライディングはなく、初期の頃のシンプルなロックマンになっていて、難易度もかなり高め。
そういえば音楽もロックマン2の時のものがいくつか使われてましたね。

一方で、ロックマン3からの登場となったサポートキャラの犬型ロボット『ラッシュ』は今回健在だし、アイテム購入という7からのシステムだってある。古きロックマンが復活した一方で、やっぱり新しいロックマンでもあります。




追加コンテンツとして、『エンドレスアタック』や『ブルースモード』、『スペシャルステージ』の配信もある。
エンドレスアタックは、無限に続くステージでどこまで進めるかに挑戦するモードで、ランキングに対応しており、世界中のプレーヤーと順位を競うことができる。
ブルースモードは、その名の通り『ブルース』をプレイヤーキャラクターとして使用することができますね!(’∀’)
ロックマンとの差別化として、チャージショットやスライディングができ、さらにシールドで敵の弾を弾き返すことも可能みたい。もちろんボスを倒せば、ロックマンと同じように特殊武器を使えるよう。
『スペシャールステージ』では、新しく配信されたステージをプレイできる。オープニングでライト博士をさらった『フェイクマン』が、ボスとして登場することに!




ロックマン9がこんな形で実現したのも嬉しいけど、やっぱり8のようなクオリティーの続編も期待しちゃうな〜。
この流れで、次回作を次世代機レベルで作ってほしい!
DASH3も宜しくお願いします!!(’∀’)









| ゲーム | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.08.11)
| - | 23:19 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogstyle.jugem.jp/trackback/221
トラックバック