<< スリーパー | main | Sweet Rain 〜死神の精度〜 >>
スポンサーサイト (2012.08.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ルミネスII (2009.01.09)
LUMINES�

  ○ ルミネス� ○



パズルと音楽を新しい形に融合したゲームだねコレ!!(’∀’)
製作した『Qエンタテインメント』には、音楽ゲームに力を入れているだけあって、かなりの拘りを感じるわ〜!!


ルールは、上から降ってくるブロックを同じ色(模様)に4つ以上揃えて“四角形”を作り、ブロックを消していく感じ!
縦棒のタイムラインが左から右へと一定の速度で通過していて、四角形が出来上がっていたブロックは、ラインが通過した瞬間に消えるようになってる。




このゲームの特徴は、音楽と背景が次々と変わっていくところにあると思う!
ブロックの色、背景のグラフィック、音楽、ブロックが接触する時などの効果音、それらをまとめてこのゲームでは“スキン”と呼んでいて、いくつもの種類が用意されてます。

初めは青と水色のブロックで、ポップなサウンドで、近未来的な背景グラフィックだったとしたら、新しいスキンに移るとそれらが全てガラっと変わることに!
ロック調だったり、中国民謡っぽかったり、和風だったり、癒し系だったり…、いろんな音や映像があります。
中にはアーティストの曲もあって、そーゆー時の背景はミュージッククリップになってるね(ヾ´∀`)ノ




元気ロケッツ/Heavenly Star




出演アーティストは、『ブラック・アイド・ピーズ』、『Def Tech』、『元気ロケッツ』、『RIZE』、『Ken Ishii』、『Hoobastank』などなど。アーティストは全部で15組参加してるみたい!
音と映像の組み合わせが凄くイイ!(’∀’ )
ちゃんとゲームとハマってるわ〜!




ブロックを消して得点が増えていくと、次のスキン、次のスキンといった具合にどんどん新しいスキンにステージが変化していきます。
一度挑戦したスキンは、あとで自由に遊ぶことができちゃうのね(’∀’)
難易度は初級、中級、上級と分かれていて、スキンはトータルで100種類以上あるみたいなので、全てを制覇しようとするとかなり大変かも。




ちなみにタイムアタックやCPUとの対戦モードもあるし、“ブロックを用いて〇〇の形を作れ”みたいなミッションモードもある。
『シーンケンサーモード』では、自分でメロディーを作って、その曲で実際に遊ぶこともできるみたい。


結構飽きるかな〜と思ってたけど、逆に長くやればやるほどハマっていきますねコレ(`∀´)
プレイするほど自由に遊べるスキンが増えていくし、腕が上がるとプレイしていて気持ちよくなってくる感じ!

続編はでないのかな〜?
もっといろんなアーティストとのコラボが見てみたい!









JUGEMテーマ:ゲーム



| ゲーム | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.08.11)
| - | 22:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogstyle.jugem.jp/trackback/239
トラックバック