<< パレード | main |
スポンサーサイト (2012.08.11)

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ダークナイト ライジング (2012.07.30)
ダークナイトラインジング










久しぶりに映画館で映画をみました!
いや〜凄いわ!久しぶりに凄いと思える映画を見たわ!
それはやっぱり、『ダークナイト』の続編でした!!
前作では、キャストの演技や展開から、胸に刺さるような衝撃を受けたけど、今回の三部作完結編もすごく見入ってしまいました!



今回の敵役『ベイン』は、肉体的にも思想的にも、圧倒的な力と意思が秘められていて、バットマンが全く太刀打ちできないという最強の悪役なんですね。
空中で飛行機の外装をベリベリ剥がしてくとか、やることが一々ぶっとんだサイコ野郎でした!デジタル音声の声がまた威圧感ありまくりで、迫力がありますね。
ぶっちゃけベインのデザインは好きじゃないし、ジョーカーのカリスマ性には及ばないと思うけど、ジョーカーとはまた異なる恐怖感を演出していたし、異なるタイプの敵キャラとして考えると、ジョーカーの後任として、説得力のある悪役の役目を果たせていたと思います!


バットマンって、アメコミの中ではかなり人間くさいというか、そこまで超人的でもないし、苦悩も生々しかったりしますよね。(特にこのノーラン監督版は!)
けど、今作はそれが一番顕著だったというか、あそこまで心身共に追いつめられるバットマンは初めてだったと思います;;




ストーリー的には、ベインのテロと、ブルース・ウェインがバットマンとして再び立ち上がるドラマが描かれるわけですが、とにかくこれは、ブルース・ウェインの人生の物語だと思いました。
バットマンの苦悩と並行して、テロが次々に進められていくわけですが、バットマンがあの姿で活躍するシーンは『バットマンビギンズ』同様に全編を通して少なめです。
バットマンの活躍をヒーロー活劇として描くというより、前作のラストで深い闇に落ちた彼が、どうやってバットマンとしての人生を締めくくるのかという点に重きをおいたお話だったように思います!




ラストは意外でした。
けど良いラストでした。

個人的に、クリストファー・ノーラン監督のキャスティングや映画の雰囲気が凄く好きです。
目で殺すような鋭い眼光のベインが、一瞬だけ見せる人間の表情とか、作中で溜まったフラストレーションを解放するかのようなクライマックスのアクションシーンとか、脳と心臓をゾクゾクと刺激される感覚が気持ちいいんだよね。



ん〜、
ノーラン版のバットマンは最高でした。
次もまた、いつの日か、違う監督でバットマンシリーズが作られる日がくるんでしょうね。
ノーランと同じ路線でこの作品を超えるバットマンを作るのではなく、違う作風のバットマン映画が、いつの日かまた見れたらいいなぁと思ってます!







JUGEMテーマ:映画の感想








| 映画(海外) | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト (2012.08.11)
| - | 23:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogstyle.jugem.jp/trackback/288
トラックバック